頭皮のかゆみ、フケ、乾燥を防ぐシャンプーの3つの方法を紹介

頭皮の乾燥によってかゆみ、フケでお悩みの方、多いと思います。その悩みもシャンプーを少し工夫するだけで解消できます。

今回はそんな今日から実践できるシャンプーの方法を紹介したいと思います。

頭皮の乾燥を防ぐシャンプーの3つの方法

1シャワーの温度は40度以下

シャンプーするときにシャワーの温度を40度以上にしていませんか?

高温のシャワーは頭皮の皮脂量を必要以上に落としてしまいます。頭皮の皮脂量は表面を乾燥から守る大切なものです。いつもよりシャワーの温度を低めに設定しましょう。

2使っているシャンプーを見直そう

シャンプーはどんなものを使っていますか?

その辺のスーパーで買える市販のものを利用していませんか?市販のシャンプーは洗浄成分に界面活性剤という洗濯用洗剤に使われている成分を使用しているため頭皮の油分を落としすぎてしまいます。

こちらで紹介している天然成分のこだわったシャンプーに切り替えましょう。少しコストは掛かりますが、臭いや抜け毛予防にもつながるのでコスト以上に納得できる効果が期待できます。

3シャンプーの時間は10分以上を目安に

シャンプーにはどのくらいの時間を掛けているでしょうか?

男性の方に特に多いですが、ついつい面倒でシャンプーをドバっとつけてとにかく髪をゴシゴシ泡立ててすぐに洗い流して終わり!ってしてしまいがちです。

ですがこれが一番頭皮に悪いです。シャンプーは頭皮をマッサージして洗う行為。ポイントは「やさしく揉み込む」ことです。

じっくり時間を掛けて洗浄してください。目安は10分です。指の腹を使って頭頂部へ向かうように揉み込んでいってください。

朝シャンはやめた方が良い

10分以上時間を掛けねばならないのですが、朝シャンって時間がないからと意外とパパっと終わらせてしまう人が多いという傾向があります。

それだと表面だけ洗って奥まで洗えず、さらにひどい人はシャンプーが落とし切れずに頭皮を傷めています。

朝シャンはやめて夜に時間を掛けじっくりと行っていきましょう。

頭皮エステというグッズを使うのも◎


おすすめなのは電動で動く頭皮エステというグッズを使うことです。
素手で10分揉み込むのはかなり疲れますのでなかなか続けるのが難しいです。

ですが、頭皮エステですと自分がやるよりも上手にしかも楽に揉み込んでくれます。10分で自動停止するのもあるのでやりすぎにもなりません。

しっかりとマッサージができる効果を思えばコストパフォーマンスが高いです。

まとめ

いかがでしょうか?

これまで、かゆみやフケが気になっていた人もシャンプーのやり方を見直すだけで、かなり頭皮の状態は改善へと向かっていくはずです。

ぜひ以上の事に取り組んでみてください。清潔で潤いのある本来あなたが持つべき頭皮を目指してみては。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*